そこそこでいいんよ

そこそこでいいんよ

おじさんが日々楽しんでることや覚え書きをちょこちょこと書き残してます。

2021年春、毎週聴いてるラジオ番組

 月〜木曜日

 ■ 放送時間 20:00-21:00 の特集コーナー

毎日3時間の放送を全部聴くのは難しいので、特集コーナーだけでも欠かさず。

その他の時間帯でも面白そうな特集やライブがあれば、タイムシフトで追っかけ拝聴。


 番組ハッシュタグ 
#utamaru hashtag on Twitter

 

 

水曜日

 ■ 放送時間 21:00-21:30

番組スタート時から欠かさず聴いてるレコードオンリーのDJ MIX番組。

毎回テーマに沿った選曲で、レコードやアーティストにまつわるウンチクも興味深く楽しい。

 

 番組ハッシュタグ  #kod_tfm - Twitter Search

 

 

木曜日

 ■ 放送時間 14:00-14:50 の若新雄純さんコーナー

肩書はよく分からない人だけど、他にない変わった視点で語られるのが面白い。

 

 番組ハッシュタグ  #シズニン - Twitter Search

 

 

金曜日

 ■ 放送時間 19:30-19:55

ジャズを分かりやすく紹介してくれる番組。

語り口が柔らかいのでスーッと耳に入ってきて心地良い。

 

 番組ハッシュタグ #musichorizon hashtag on Twitter

 

 

 ■ 放送時間 21:30-22:00

コンプラをも皮肉る伯山。痛快

 

 番組ハッシュタグ #伯山ラジオ - Twitter Search

 

 

土曜日

 ■ 放送時間 11:00-11:55

お二人のふわふわしたトークも魅力だけど、クラシックスから新譜までかかる選曲もハズレ無し。

毎週気がついたら首を振ってリズムにのっている。

 

 番組ハッシュタグ #jointandjam hashtag on Twitter

 

 

 ■ 放送時間 13:00-14:55

最近になって聴き始めた時事放談的番組。

ゲストに偏りが少なくて聴きやすい。

 

 番組ハッシュタグ #ニュースクラブ - Twitter Search


 

 ■ 放送時間 19:30-20:00

素敵な選曲でリラックス。お酒が飲みたくなる。

 

 番組ハッシュタグ #joyousjazz - Twitter Search

 

 

 ■ 放送時間 23:30-24:00

新世代芸人コンビ、次はどんなことをやるのか気になってしまう。

 

 番組ハッシュタグ #ツキの兎 - Twitter Search

 

 

 ■ 放送時間 25:30-26:30 

ケンコバさんの天職のような番組。

なんで全国ネットされないんだろう?

 

 番組ハッシュタグ #tenga851 - Twitter Search

 

 

 ■ 放送時間 26:00-27:00

なんでだろう?

おじさん3人がワチャワチャしてるだけなのにニヤニヤしてしまう。

 

 番組ハッシュタグ #tokyopod - Twitter Search

 

 

 ■ 放送時間 27:00-27:30

やらかし芸人の、タイトル通りバカバカしいことでバカ笑いできるバカ番組。

 

 番組ハッシュタグ #タダバカ - Twitter Search

 

 

日曜日

 ■ 放送時間 14:00-14:55

選曲は言うまでもなく、達郎さんの意外と庶民的だったり人間臭いトークにハマる。

 

 番組ハッシュタグ #sundaysongbook - Twitter Search

 

 

 ■ 放送時間 18:00-18:30

 難波章浩の今夜もCLOSE TO ME

 http://www.fmniigata.com/user/prog/prog_id/111

熱い男、難波章浩の音楽トーク

まだまだコロナで身動き取りにくいけど、早くライブに行けるようになればいいな。

たま〜にハイスタの話も聞けたり。 

 

 

  ■ 放送時間 24:30-25:00

ここ1,2年、ハロープロジェクトの研修生への力の入れ具合が凄い。

それまでは発表会やハロコンくらいしか目立った露出がなかったから嬉しいけど、その分メンバーの負担が増えてるんじゃないかと心配も。

 

 番組ハッシュタグ #hp1422 hashtag on Twitter


 

 

Amazon echoならradikoプレミアムも聴ける

Zwiftの無料トライアル分(25km)を超えるレースを走るとどうなるのか試してみた。

室内で手軽に自転車トレーニングができるバーチャルアプリ『Zwift』。

自分はコロナ禍を機に始めてみたんですが、ゲーム要素などもあって見事にハマってしまっています。

 

そんなZwiftですが、「お試しに25kmだけ走れるよ〜」という無料トライアルがあります。このトライアルは毎月1日になるとリセットされるので、毎月少しだけ無料ではしることができます。

 

今回の本題は、25kmまで無料で走れるけど、それ以上の距離のレースやグループライドに参加していた場合どうなるの?という疑問を実際に試してみた結果です。

 

検証として、今回は現在開催中の『Tour of Watopia』(40kmほど)に参加してみました。 

f:id:MIT_tri:20210413154204j:plainエントリーはできましたが、画面下に「25km残っています」というメッセージが…

 

f:id:MIT_tri:20210413154209j:plain

15km走ったところで更にメッセージが…不安を煽ってきます。

 

f:id:MIT_tri:20210413154214j:plain

そしてついに残り0kmになったところで、こんな画面に。

『Not Now』と『参加する』というボタンが表示されてます。

迷わず『Not Now』(今はまだ)の方をクリック。

 

すると…

 

 

 

 

 

f:id:MIT_tri:20210413154218j:plain

その結果、なんとそのまま最後まで走り切ることができました。Zwiftさん太っ腹です。

ただ選択画面が出ている間はパワーが伝わっていないようなので、急いで『Not Now』しましょう。

 

 

今回はグループライドで確認してみましたが、FTPテストでも使えるのかな?使えるとしたらFTP測定アプリとしても利用できますね。

また来月の無料トライアルで試してみようと思います。

 

Zwift中の画面を録画してTwitterにアップしてみた - 先週の運動記録(2021/3/29〜2021/4/4)

先週は気温も上がってきて桜も満開、運動中足を止めて桜を見上げることも多かった。

昨日雨が降ってたし今週はもう散っちゃうのかな。今年は一度も花見しなかったな〜 

 

 

内容とまとめ

ランニング(違和感あり)

f:id:MIT_tri:20210405142110j:plain

先週は3回走れた。

ランニング中、腰や背中がジワジワ痛む。疲労が溜まってるのかな。セルフマッサージで様子見してみよう。

 

バーチャルライド(録画してみた)

 Zwiftで『Tour of Watopia 2021』というグループライドシリーズが始まったこともあって、先週は5日も漕いでいた。このシリーズは経験値が通常の2倍獲得できるそうで、参加者も多くなってるような気がした。

そんな中、以前からYouTubeTwitterでZwift中の動画がアップされているのをよく見ていて、気になっていたので自分でも録画してTwitterにアップしてみた。

 

1時間近くのライドとなると、動画容量もギガ単位になって処理に時間もかかるので、サクッとという感じではなかったけど、意外とつまずくことなく、Macに標準で入っているソフトで全部できたので、またその手順はブログにまとめてみようと思う。 

 

アップした動画

 

 

f:id:MIT_tri:20210405143816p:plain

まとめ

  距離 / 獲得標高
ランニング 20 km / 350 m
バーチャル ライド 154 km / 1790 m

 

記録

2021/3/30(火) 時間 / 距離 / 獲得標高
ランニング 47:00 / 7 km / 50 m
バーチャルライド 50:00 / 24 km / 380 m
   
2021/3/31(水)  
バーチャル ライド 48:00 / 30 km / 160 m
TOW Stage 1: Longer Ride
   
2021/4/1(木)  
バーチャル ライド 36:00 / 24 km / 180 m
TOW Stage 1: Shorter Ride
バーチャル ライド 5:00 / 2 km / 10 m
   
2021/4/2(金)  
バーチャル ライド 55:00 / 30 km / 160 m
TOW Stage 1: Longer Ride
   
2021/4/3(土)  
ランニング 25:00 / 2 km / 50 m
   
2021/4/4(日)  
ランニング 1:07:00 / 11 km / 250 m
バーチャル ライド 1:23:00 / 42 km / 910 m
TOW Stage 1: Longer Ride

 

 

 動画貼り付けの参考にさせていただいたサイト

www.kainoetheremon.jp

Cliryのワイヤレスマウス(2.4Ghz+Bluetoothデュアルモード)の接続方法

Zwift中に手元で操作する目的で購入した中華製ワイヤレスマウス。

安物だからか設定していても、たまにBluetooth接続が認識しなくなることがあります。

2.4GhzとBluetoothのデュアルモードだから、そんなに認識しなくなるなら2.4Ghzの方で使えばわざわざ接続設定しなくてもいいんだけど、アダプタでUSBポートがひとつ埋まるのが嫌なのでBluetoothで使っています。

で、いざ接続し直そうとして方法を検索しても、Cliryという聞き慣れないメーカーだし全然出てこなくて毎回苦労しているので、接続方法の覚え書き。

f:id:MIT_tri:20210324163650j:plain

  • Bluetooth接続
    「右クリック+左クリック+ホイールクリック」を同時に5秒長押しでBluetooth接続モードになるので、接続機器とペアリング。

 

f:id:MIT_tri:20210324164657p:plain

完了

 

MacにVirtualBoxをインストールしてWindows10を使う方法

WindowsにはMacにないソフトがいくつもあって、使ってみたくなります。
MacWindowsを使うにはBoot Camp一択かと思ってたけど、VM仮想マシン / Virtual Machine)という方法があって、ガッツリじゃなくちょこっと使う分にはVMの方が断然便利みたいなので、MacVirtualBox + Windows10をインストールしてみました。
その手順の覚え書きです。

f:id:MIT_tri:20210323155407p:plain

私の環境とインストールしたもの

VirtualBoxWindowsをダウンロード

まずインストールファイルの入手。どちらも無料でダウンロードできます。

 

VirtualBoxの仮想ハードディクスを作成 

f:id:MIT_tri:20210323112840p:plain
起動したら『新規』をクリック

f:id:MIT_tri:20210323114202p:plain

①『名前』適当に分かりやすいものを入力
②『バージョン』インストールするバージョンを選択(今回はWindows10 64bit)
③『続き』をクリック

 

f:id:MIT_tri:20210323112847p:plain

①『メモリーサイズ』4098MB以上は必要かと思います(私はMacに16GB入れているので今回は8192MBに)※この設定は後からでも変更可能
②『続き』をクリック

f:id:MIT_tri:20210323112851p:plain

①『仮想ハードディスクを作成する』をクリック

②『作成』をクリック

 

f:id:MIT_tri:20210323112854p:plain

①『VDI』をクリック

②『続き』をクリック

 

f:id:MIT_tri:20210323112858p:plain

①『可変サイズ』をクリック

②『続き』をクリック

 

f:id:MIT_tri:20210323112902p:plain

①ハードディスクサイズを設定(今回は50GBを設定)

②『作成』をクリック

 

以上で、VirtualBoxの仮想ハードディクスを作成が完了。

仮想ハードディクスにWindowsをインストール

VirtualBoxの設定が終わったので、続いてWindowsをインストールしていきます。

f:id:MIT_tri:20210323112946p:plain

①上で作成した仮想ハードディスク『Windows10』を選択

②『起動』をクリック

 

f:id:MIT_tri:20210323112951p:plain

①ダウンロードしたWindowsのインストールファイルを選択

②『Start』をクリック

 

以降はWindowsのインストールになり、流れに従っていくだけなので割愛。

 

インストール完了

f:id:MIT_tri:20210323113010p:plain

 

特につまづく所なく、無事インストール完了。 
Windows環境もできたことで、これからいろいろ楽しめることが増えると思います。

 

2021年3月18日放送、アトロクの新時代ジャズ特集が面白かった(ロバート・グラスパー)

昨日放送されてた、アトロクの特集『新時代のジャズって何?(柳樂光隆×小室敬幸)』が面白かったから、知識の整理と備忘録を兼ねて残しておこうと思う。

 

f:id:MIT_tri:20210319171115j:plain

 

 楽曲をまとめとこうと思ったら、早速プレイリストが上がっていた。

とてもありがたい

 

 

今回の放送では、ロバート・グラスパーというジャズ・アーティストを中心とした、新時代ジャズの特集だったんだけど、特集の中で自分が特に興味があったのが、"カバー曲の最中に別の曲のフレーズがサンプリングされたように挿入されて交互に演奏する曲がある"という部分。

 

カバー元のオリジナルは、セロニアス・モンクの『Think Of One

挿入される曲は、デ・ラ・ソウルの『Stakes is High』

そして交互に演奏したのがロバート・グラスパーの『Think Of One

 

ヒップホップDJがクラブプレイなどでサンプリング元の曲とサンプリングされた曲を交互にかけるプレイをすることがあるけど、実際の演奏で同じようなことを更に高い次元でやってしまうという。

 

ロバート・グラスパー、また耳が離せないアーティストと出会ってしまった。

 


Thelonious Monk - Think Of One

 


De La Soul - Stakes is High (Official Music Video)

 


Think Of One

 

music.apple.com

Listen on Apple Music

Macを使ってラジオを予約録音して、iPhoneに自動同期する無料の方法。

3つのアプリを使って、Macで予約録音したラジオ番組を、iPhoneに自動同期する手順です。
(※ラジコプレミアムを理由する場合は、月額料金がかかります。)

 

全体の流れ

f:id:MIT_tri:20210318155949p:plain

 

全体の流れは上の図のようになります。

 

  1. Macの『radiko』で録音して、Macの『Dropbox』に保存。
  2. クラウドにアップされた『Dropbox』のデータをiPhoneの『Documents』で同期して再生。

 準備 | 各アプリのダウンロード(Dropboxはアカウント作りも)

radikoro

Dropbox

Documents

Documents: ファイルマネージャー, zip 解凍

Documents: ファイルマネージャー, zip 解凍

  • Readdle Inc.
  • 仕事効率化
  • 無料

 録音予約▶保存 (Mac

 

まず『radikoro』で、保存先の指定と予約設定。

f:id:MIT_tri:20210318170723p:plain

radikoro > 環境設定

 

f:id:MIT_tri:20210318170727p:plain

録音 > 保存場所

Dropbox』アプリをインストールしてできたフォルダを指定。(ここでは『Radio』というフォルダを作って指定してます)

 

f:id:MIT_tri:20210318170730p:plain

設定 > 予約設定

 

f:id:MIT_tri:20210318170735p:plain

  • 放送局
  • 開始時刻』『終了時間
  • 毎週録音する場合は『繰り返し
  • ファイル名

を指定して『登録』 

 

 同期 と 再生 (iPhone

 

ここからは『Documents』 の操作。

f:id:MIT_tri:20210318174314p:plain

 下の『接続先』をタップ

 

f:id:MIT_tri:20210318174319p:plain

 『Dropbox』をタップ

 

 

f:id:MIT_tri:20210318174322p:plain

 Dropboxをインストールしている場合は『Dropboxアプリを開く』、してない場合は『ログイン名を入力』から同期設定に進む。(ここでは『Dropboxアプリを開く』)

 

f:id:MIT_tri:20210318174326p:plain

許可』をタップ

 

f:id:MIT_tri:20210318174329p:plain

Dropboxの中のフォルダが一覧で表示されるので、同期させたいフォルダを選択して下の『同期』をタップ。

 

f:id:MIT_tri:20210318174332p:plain
f:id:MIT_tri:20210318174336p:plain

マイファイル』に新しく『同期フォルダ』ができて、この中に同期したデータが保存される。

 

f:id:MIT_tri:20210318174340p:plain

あとは同期されたファイルを再生させるだけ。


 

以上で、Macでの録音予約からiPhoneでの再生までの手順は終了です。

Documents』には、いろんな機能がありますが、再生アプリとしても使い勝手がいいのでオススメです。