そこそこでいいんよ

そこそこでいいんよ

おじさんトライアスリートが、日々楽しんでることや覚え書きをちょこちょこと書き残してます。

スパイク・リー監督『ドゥ・ザ・ライト・シング』を観た

あらすじ

 たくさんの黒人の貧困層や、さまざまな民族が一緒に暮らしているニューヨークのブルックリン。クセのある楽しい、時には面倒な人々に囲まれて、主人公の黒人ムーキーはイタリア系アメリカ人サルの経営するピザ屋で働いていた。しかしある日ちょっとしたことからムーキーの周辺でトラブルが起き、それが人種間の衝突といえる暴動に発展してしまう。


ドゥ・ザ・ライト・シング - 予告編

 

感想

30年前の映画だけど現在と何も変わってなくて、人類どうしようもないなという気持ちになった。
タイトルにもなっている「正しいことをしろ」という監督のメッセージ、これは暴動の肯定なのか否定なのか。
私自身の中には答えはあるけど、マルコムの考えやキングの考えがあるように、人それぞれ受け取り方は違うよなと…
ただこれは言える、「よく考えて行動しろ」と。

作品データ

ドゥ・ザ・ライト・シング
Do the Right Thing
監督:スパイク・リー
脚本:スパイク・リー
製作:スパイク・リー
出演者:ダニー・アイエロ、オジー・デイヴィス、ルビー・ディー
音楽:ビル・リー
公開:1989
製作国:アメリカ合衆国