そこそこでいいんよ

そこそこでいいんよ

おじさんトライアスリートが、日々楽しんでることや覚え書きをちょこちょこと書き残してます。

Macを使ってラジオを予約録音して、iPhoneに自動同期する無料の方法。

3つのアプリを使って、Macで予約録音したラジオ番組を、iPhoneに自動同期する手順です。
(※ラジコプレミアムを理由する場合は、月額料金がかかります。)

 

全体の流れ

f:id:MIT_tri:20210318155949p:plain

 

全体の流れは上の図のようになります。

 

  1. Macの『radiko』で録音して、Macの『Dropbox』に保存。
  2. クラウドにアップされた『Dropbox』のデータをiPhoneの『Documents』で同期して再生。

 準備 | 各アプリのダウンロード(Dropboxはアカウント作りも)

radikoro

Dropbox

Documents

Documents: ファイルマネージャー, zip 解凍

Documents: ファイルマネージャー, zip 解凍

  • Readdle Inc.
  • 仕事効率化
  • 無料

 録音予約▶保存 (Mac

 

まず『radikoro』で、保存先の指定と予約設定。

f:id:MIT_tri:20210318170723p:plain

radikoro > 環境設定

 

f:id:MIT_tri:20210318170727p:plain

録音 > 保存場所

Dropbox』アプリをインストールしてできたフォルダを指定。(ここでは『Radio』というフォルダを作って指定してます)

 

f:id:MIT_tri:20210318170730p:plain

設定 > 予約設定

 

f:id:MIT_tri:20210318170735p:plain

  • 放送局
  • 開始時刻』『終了時間
  • 毎週録音する場合は『繰り返し
  • ファイル名

を指定して『登録』 

 

 同期 と 再生 (iPhone

 

ここからは『Documents』 の操作。

f:id:MIT_tri:20210318174314p:plain

 下の『接続先』をタップ

 

f:id:MIT_tri:20210318174319p:plain

 『Dropbox』をタップ

 

 

f:id:MIT_tri:20210318174322p:plain

 Dropboxをインストールしている場合は『Dropboxアプリを開く』、してない場合は『ログイン名を入力』から同期設定に進む。(ここでは『Dropboxアプリを開く』)

 

f:id:MIT_tri:20210318174326p:plain

許可』をタップ

 

f:id:MIT_tri:20210318174329p:plain

Dropboxの中のフォルダが一覧で表示されるので、同期させたいフォルダを選択して下の『同期』をタップ。

 

f:id:MIT_tri:20210318174332p:plain
f:id:MIT_tri:20210318174336p:plain

マイファイル』に新しく『同期フォルダ』ができて、この中に同期したデータが保存される。

 

f:id:MIT_tri:20210318174340p:plain

あとは同期されたファイルを再生させるだけ。


 

以上で、Macでの録音予約からiPhoneでの再生までの手順は終了です。

Documents』には、いろんな機能がありますが、再生アプリとしても使い勝手がいいのでオススメです。